心と体

要介護認定を受けるために必要なこと!

改正介護保険制度による介護サービスを利用するには、まず要介護認定を受けなければいけません。

介護サービスを利用したい人が要介護認定を受けるためには、まず最初に居住している市区町村に要介護認定の申請を行う必要があります。

要介護認定申請を行いますと市町村は申請者のところに調査員を派遣して、本人の心身の状況や環境などについて聞き取り調査を実施します。

1次判定を通過しますと、保険、医療、そして福祉などの専門家などから構成される認定審査会の2次審査が行われ、要支援、要介護、そして非該当(自立)のいずれかの介護認定が下されることになっています。

判定結果に不服がある場合には、市町村の窓口に相談してみましょう。この介護認定で要介護と認定された方は介護サービスを、また要支援と認定された方は予防サービスを受けることができます。

生活介護は、日常生活の援助(掃除、洗濯、調理など)を行うものです。

料金は、30分以上1時間未満2080円、1時間以上1時間30分未満 2910円になっているということです。

乗降介助は、通院などをする際の乗車や降車の際の介助を行います。

料金は基本1000円となっていますが、夜間(18時~22時)早朝(6時~8時)は25%増し、深夜(22時~6時)は50増しとなっています。

介護タクシーの運賃は、それぞれの会社によって設定が異なっているようですから、安心して利用でき来るように下調べをしておきたいものです。

また、タクシー会社によって、サービスがいろいろです。寝たきりだから外出できないと悩んでいる方でも、資格を持ったスタッフが対応してくれますから、気兼ねなく利用できるようになっています。

一人暮らしをしている高齢の方でも、気兼ねなく安心して利用できるというところも介護タクシーのメリットだと言えるでしょう。

介護予防サービスでは、自分自身でできることを増やしていくための専門的な取り組みをベースとしています。

身の回りのことは、できるだけ自分で行い、外出してボランティア活動や家庭内でも積極的に役割を果たし、活発な生活を送ることが重要とされています。

【関連リンク】
かいごのみかた │ 介護保険から認知症、老人ホームまで!shine

| | コメント (74) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | 心と体